気ままな指揮艦

気まぐれで書きます。

ふりかえり&お疲れ様

お久しぶりです。Naokiです。

 

今期ももう終わりですね。

なので今期使ったデッキ紹介を軽くしていこうかなと思います。

いつもの通りのクソザコ内容なのでそこらへんは許してください。なんでもし(ry

 

f:id:naoki38:20180616150715j:image

 

1.デッキ選択

今期のデッキ選択として考えていたのは、魔術師or閃刀姫でした。

魔術師は前期も使っていたのと、虹彩の制限が少し痛いですがパワーはまだまだあると思っての選択です。

閃刀姫は知り合いのデッキを回した時に「なんじゃこりぁ!?エンゲージつよつよ!!」と思い純閃刀姫での構築を考えてました。

 

結果的には閃刀姫は自分には合わなかったのと前期から使っていてまだマシな魔術師を選択しました。

魔術師しっくりきすぎなんだ...

 

2.構築

 

f:id:naoki38:20180610233245j:image

=================================
【魔術師】
メインデッキ:41枚
EXデッキ :15枚
サイドデッキ:15枚
=================================

 

【モンスター】35
エフェクト・ヴェーラー ×1
増殖するG ×3
EMオッドアイズ・シンクロン ×1
時読みの魔術師 ×1
灰流うらら ×2
幽鬼うさぎ ×1
紫毒の魔術師 ×3
虹彩の魔術師 ×1
慧眼の魔術師 ×3
黒牙の魔術師 ×2
調弦の魔術師 ×3
EMペンデュラム・マジシャン ×3
EMドクロバットジョーカー ×1
星読みの魔術師 ×1
賤竜の魔術師 ×3
クロノグラフ・マジシャン ×3
アストログラフ・マジシャン ×3


【魔法】5
星霜のペンデュラムグラフ ×1
墓穴の指名者 ×1
デュエリストアドベント ×3 


【罠】1
時空のペンデュラムグラフ ×1


【エクストラ】15
覇王眷竜スターヴ・ヴェノム ×1
TG ワンダー・マジシャン ×1
シューティング・ライザー・ドラゴン ×1
PSYフレームロード・Ω ×1
爆竜剣士イグニスターP ×1
覇王眷竜クリアウィング ×1
星刻の魔術師 ×1
深淵に潜む者 ×1
紀宮司ノリト ×1
ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム ×3
水晶機巧-ハリファイバー ×1
見習い魔嬢 ×1
サモン・ソーサレス ×1

 

【サイドデッキ】 15
PSYフレームギア・γ ×3
PSYフレーム・ドライバー ×1
霞の谷の巨神鳥 ×2
墓穴の指名者 ×2
ハーピィの羽根帚 ×1
拮抗勝負 ×3
レッド・リブート ×3

 

 

まぁオーソドックスな構築ですね。

分かれるのがあるとすれば黒牙の3枚目の採用ですかね。後はメインからの墓穴ピンですね。

 

 

黒牙の魔術師は今期の魔術師にとってとても重要な役割を持ちます。

f:id:naoki38:20180610233904j:image

虹彩制限による上スケールの確保。

そして神のケアですね。

後は墓地のサモソ、見習い魔嬢やライザーで送った闇魔法使いの蘇生などの仕事がありますね。

3枚目の採用も考えたんですが現状に不満が無かったので見送りました。

 

 

f:id:naoki38:20180613165125j:image

墓穴は3枚目のうららポジションで考えてます。

また閃刀姫に対してもメインから強く打っていけます。

 

3.動き

虹彩の制限により3回の破壊をしなくては星霜と時空を構えることが出来なくなりました。

 

展開する時に破壊が2回は余裕で3回目が無理やりやればいける場面が何回かあります。

その時は無理やり3回やらないで、最初のサーチで時空をもってきてやめましょう。

無理やり回してリソース枯らしてまで星霜を持ってくる必要はないと考えてます。

 

また、チューナーが手札で確保出来ている場合は。

エレクトラム+エレクトラムの時にサモソにいくのではなく、エレクトラムとチューナーでハリファイバーを作ります。

そうするとエレクトラム+ハリファイバーで構えられて時空で割った時に相手ターンにワンドローができます。

 

4.終わりに

制限改訂出ましたね。

魔術師にとっては非常に厳しい改訂になりました。

エレクトラム、アストロ、調弦の制限です。

調弦の制限がじみ~に痛いです。まぁでも回せなくはないので環境が固まるまでは魔術師回してようかなぁと考えてます。

 

フリーはベイゴマ帰ってきたしSR幻影彼岸でも作って回そうかと。

来期は中々カオスな環境になりそうですね!!

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

質問や誤字などあればこのアカウントまで。

では。