気ままな指揮艦

気まぐれで書きます。

エレメントセイバー

おはよーー!!

こんちはーー!!

こんばんわーー!!

おやすみーー!!

おきてぇぇぇぇぇぇ!!!!

どうも。ここ最近バーチャルYouTuberの輝夜月にハマっているNaokiです。

いや~新年明けましたね。皆さんいかがお過ごしですか?

僕はアズレンのイベント周回してました。

そんなわけで、なんと来週の土曜日に遊戯王の新パック

f:id:naoki38:20180106224749p:image

 フレイムズ・オブ・デストラクションが発売されます。

このパックには「トリックスター」、「剛鬼」等の新規カードが収録されます。

そしてこのパックで新規テーマとして「エレメントセイバー」が収録されます。

なんだそのテーマ?って人の為に記事を書いていきたいと思います。

 

1.エレメントセイバー

「エレメントセイバー」は各モンスターの属性が異なる戦士族テーマです。

属性を操るテーマですね。さらに「エレメントセイバー」は「霊神」テーマとも関わりがあります。

 

いやいや(笑)

「霊神」ってなんなんだよ。

って思った方いるんじゃないでしょうか。

「霊神」 モンスターはレベル8攻2800/守2200で統一されていて、墓地の属性モンスターが5体の場合のみssできます。

《霊神モンスター》

f:id:naoki38:20180107094624j:image

f:id:naoki38:20180107094629j:image

f:id:naoki38:20180107094634j:image

f:id:naoki38:20180107094650j:image

f:id:naoki38:20180107125308j:image

 

 1度は見たことがあるカードがあるのではないでしょうか。

有名なカードでは、エラッタされたソリティアのお供グランソイル、海皇水精鱗に入るムーラングレイスがありますね。

 

上記のカード達と関係がある「エレメントセイバー」

下級モンスターは

 

「このカードが墓地に存在する場合、1ターンに1度、属性を宣言して発動できる。墓地のこのカードはターン終了時まで宣言した属性になる。」

 

共通効果で持ちます。

面白い効果ですね。簡単に思いつくのは闇宣言して墓地闇3体ダムドとかですね。

また、下級モンスターは手札から「エレメントセイバー」モンスターを1体墓地へ送り発動できる効果をそれぞれ持ちます。

 

では下級の効果をそれぞれ見ていきましょう。

※尚、共通効果の墓地での属性変換効果は省きます。

まずは

エレメントセイバー・アイナ

星2・属性・戦士族・攻 900/守1800
1ターンに1度、手札から「エレメントセイバー」モンスター1体を墓地へ送り、自分の墓地の、「エレメントセイバー・アイナ」以外の「エレメントセイバー」モンスターまたは「霊神」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを召喚条件を無視して特殊召喚する。

 

このカードは、同名カード以外のエレメントセイバーまたは霊神1体を召喚条件を無視して蘇生します。

注意してほしいのは召喚条件を無視するだけなので、蘇生制限は無視しません。

コストで送ったのは蘇生できません。

遊戯王難しい…

 

エレメントセイバー・マカニ

星2・属性・戦士族・攻1300/守1200
1ターンに1度、手札から「エレメントセイバー」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「エレメントセイバー・マカニ」以外の「エレメントセイバー」モンスター
または「霊神」モンスター1体を手札に加える。

 

このカードは、同名カード以外のエレメントセイバーまたは霊神1体をサーチします。

無難にサーチで強そうですね。

 

エレメントセイバー・ナル

星3・属性・戦士族・攻1500/守1000
1ターンに1度、手札から「エレメントセイバー」モンスター1体を墓地へ送り、自分の墓地の、「エレメントセイバー・ナル」以外の「エレメントセイバー」モンスターまたは「霊神」モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターを手札に加える。

 

このカードは、同名カード以外のエレメントセイバーまたは霊神1体をサルベージします。

回収効果は嬉しいですね。

 

エレメントセイバー・マロー

星3・属性・戦士族・攻1700/守 200
1ターンに1度、手札から「エレメントセイバー」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「エレメントセイバー・マロー」以外の「エレメントセイバー」モンスター
または「霊神」モンスター1体を墓地へ送る。

 

このカードは、同名カード以外のエレメントセイバーまたは霊神1体をデッキから墓地へ送ります。

エレメントセイバーと霊神専用のおろまいですね。墓地にいないと属性変換は使えないので中々良さそう。

 

エレメントセイバー・ラパウィラ

星4・属性・戦士族・攻 400/守2100
1ターンに1度、魔法・罠カードが発動した時、
手札から「エレメントセイバー」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 

このカードは、魔法、罠のカードの発動を無効にして破壊します。

妨害としては充分そうですね。

 

エレメントセイバー・モーレフ

星4・属性・戦士族・攻1900/守 0
1ターンに1度、手札から「エレメントセイバー」モンスター1体を墓地へ送り、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。

この効果は相手ターンでも発動できる。

 

このカードは、モンスターを相手ターンでも裏側守備表示にできます。

 アタッカー兼妨害ですね。月書効果で良き。

 

エレメントセイバー・ウィラード

星6・属性・戦士族・攻2400/守2100
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から他のモンスター2体を墓地へ送って発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの(1)の効果を発動するために墓地へ送った「エレメントセイバー」モンスターの元々の属性によって、
自分フィールドの「エレメントセイバー」モンスター及び「霊神」モンスターに以下の効果を適用する。
●地または風:戦闘では破壊されない。
●水または炎:効果では破壊されない。
●光または闇:相手の効果の対象にならない。

 

コストが厳しいですが、送った属性によって耐性が付く効果ですね。

後述するフィールド魔法があれば欲しい耐性を手に入れることができます。

 

霊神の聖殿

(1):自分フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、自分の墓地のモンスターの属性の種類×200アップする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。デッキから「エレメントセイバー」モンスター1体を手札に加える。
その後、次の自分ターンのバトルフェイズをスキップする。

(3)1ターンに1度、自分の手札・フィールドの「エレメントセイバー」モンスターが効果を発動するために手札を墓地へ送る場合、

代わりにデッキの「エレメントセイバー」モンスターを墓地へ送ることができる。

 

(1)の効果は打点アップ効果。最大1400アップができます。

(2)の効果はサーチ効果ですね。しかしデメリットがバトルをスキップする効果。

霊神が場を離れている場合や先行ではそこまで気にならないですね。

(3)の効果は手札コストをデッキから送れる効果。ターン1とはいえとても強力な効果ですね。

「エレメントセイバー」はこのフィールド魔法がとても強力なのでこのカードを守りながら相手とのアド差を広げたいですね。

 

霊神統一

永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの「霊神の聖殿」は効果では破壊されず、相手の効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターと元々の属性が異なる「エレメントセイバー」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
(3):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。手札を全て捨てる。
その後、この効果で捨てたカードの数だけ、
自分の墓地から「霊神」モンスターを選んで手札に加える。

(1)の効果でこのテーマの主力であるフィールド魔法を守れます。なるべく早く発動したいですね。

 (2)の効果は属性の異なる「エレメントセイバー」モンスターをssできます。

リリースモンスターに指定がないのはいいですね。

(3)の効果は手札を全て捨てる代わりに「霊神」を回収。最後の詰めなどに使う効果ですかね。

しかし、使い辛い効果なので頻繁に使うことは無さそうですね。

 

2.相性の良さそうなカード

召喚獣セット》

f:id:naoki38:20180107123951j:image

f:id:naoki38:20180107123955j:image

f:id:naoki38:20180107124020j:image

 属性が好きに変えられるので好きな融合体が出せます。また盆回しを採用すれば暴走魔法陣との選択もできますね。

 

《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》

 f:id:naoki38:20180107124029j:image

 墓地での属性変換で出しやすそうですね。

フィールド魔法で打点も上がります。

エースモンスターがいないのでアリですね。

 

《ダーク・アームド・ドラゴン》

f:id:naoki38:20180107124051j:image

こちらも変えて出しましょう。もし闇が多くなっても他の属性に変えればOK。

 

《トーチ・ゴーレム》

f:id:naoki38:20180107153958j:image

記事書いててエクストラ使わなくね?と思いました。

採用してみてもいいのではないでしょうか。

 

《盆回し》

f:id:naoki38:20180107153820j:image

フィールド魔法が核になるテーマなので引きたいカードなのでは。

 

《サルベージ》

f:id:naoki38:20180107124102j:image

水属性に変えればアイナ、マカニ、ナル、ラパウィラを回収するのとができます。

手札コストを必要とするテーマなので相性◎

 

《聖騎士の追想 イゾルデ》

f:id:naoki38:20180107124144j:image

こちらリンクモンスターで戦士族モンスター2体で出せます。また召喚時にサーチもできるので中々良いのでは?

 

他に良さそうなカードがあれば随時更新します。

 

3.感想

中々良さそうで面白そうなテーマですね。

戦士族テーマ+属性を好きに変えられるので様々なサポートカードの恩恵を受けることができます。

フィールド魔法をどれだけ維持できるかが勝敗に関わりそうです。効果発動にコストを常に要求されますからね。

決定打に欠けるテーマなのでそれをどのようにして補うのかが難しいですね。

また、相手ターン妨害カードをどれだけ揃えられるかですね。

専用リンクモンスターとか出ませんかねぇ。

 

4.終わりに

いかがだったでしょうか「エレメントセイバー」。

新規テーマとしてはとても面白いテーマそうですね。

皆さんも気になったら使ってみてはいかがでしょう。僕は気分で使います(笑)

それではまた次の記事で。