気ままな指揮艦

気まぐれで書きます。

リンク召喚のあれこれ

新マスタールールが施行され、新ルールのリンク召喚が登場して早いもので半年以上が経ちました。

皆さんはリンク召喚には慣れましたか?僕はイマイチです。どうもNaokiです。

リンク召喚登場当初はゲームスピードが遅くなって少しは良くなるのでは?と考えられていました。

f:id:naoki38:20171218235910p:image

しかし、ファイアウォールドラゴンによってそんなものは打ち砕かれ、SPYRALによって先行制圧と誘発の投げ合いの環境になりましたね。

これからはリンクモンスターが増えてどんどんリンク環境になっていくのではないでしょうか。

なので今のうちにリンク召喚についておさらいしましょう。

1.  リンク召喚

まずリンク召喚とはなんぞや。
リンク召喚を行うには、リンクモンスターに記載されているLINKの数値(=リンクマーカーの数)と同じ数のリンク素材を揃える必要があります。どうゆうことかというと。

f:id:naoki38:20171218235121j:image

f:id:naoki38:20171218235127j:image

 引用元:http://www.yugioh-card.com/japan/howto/new_master_rule/

モンスター1体をリンク1として数え、条件に合ったモンスターを墓地に送ることによってリンクモンスターをエクストラデッキから出せます。

またトークンや罠モンスターもリンク素材として使用することができます。Pモンスターもリンク素材にすることができ、素材に使用した場合は墓地に行かず、エクストラデッキに表側で置かれます。

墓地に送って特殊召喚なのでマクロコスモスやダークロウがいる状況下ではss出来ないと思われがちですができます。

但しリンク召喚の素材にしたモンスターは除外されます。

リンク素材に出来ないのは裏側守備表示のモンスターです。
どうでしょうかリンク召喚。
少しはそうゆうことね~となりましたか?

 

2.  リンクモンスター

次にリンクモンスターの特徴について。

リンクモンスターには守備力がなく、レベルやランクも存在しません。

何?レベルを持たないならレベル0ではないのか!?はい。

なのでリンクモンスターには月の書の対象にとれず、守備力が存在しないので地砕きの発動自体もできません。

また守備表示で特殊召喚する効果の対象にもできません。なので戦線復帰での特殊召喚はできません。

リンクモンスターはリンク素材にできます。
例えば、リンク2のリンクモンスターはリンク1と2
リンク4のリンクモンスターはリンク1と4
としてリンク素材に使えます。
リンクモンスターは素材に使う時は最大値と最小値のみとれます。

 

リンク2のモンスターは2種類のモンスターとして使えるというわけではありません。

1体でLINK2になれるだけで1種類です。

リンク2のリンクモンスターをリンク召喚する場合、リンク素材に3体のモンスターを使うことはできません。

リンク数とリンク素材は同じ数にする必要があります。

 3.  終わりに

いかがだったでしょうかリンク召喚。

これから強いリンクモンスターがもっと沢山出てくることでしょう。 

みんなで未来を導くサーキットを出しましょう。

俺は老害だからいいや…ではなく時代に乗り遅れないように少しでも知るのも悪くないですよ。

ご質問等あればコメントやリプ、DMなどでどうぞ。

それではまた。