気ままな指揮艦

気まぐれで書きます。

これから彼岸を使いたいと考える人へ

こんにちはNaokiです。

今回は彼岸の注意点や彼岸の展開などについて書いていきたいと思います。

まずは注意点から


1個目 融合ダンテの上にベアト乗っけれる。

ベアトはダンテ名称になら彼岸を切って乗っかります。融合ダンテはダンテ名称持ってるのでいけます。まぁまぁやります。


2個目 効果使用した融合ダンテはファーファで飛ばして戻ったあともう一度使える。

これもまぁまぁ使います。


3個目 効果未使用の彼岸がいる状態でガイドを召喚するとガイドチェーン1、彼岸チェーン2でチェーンを組めてうららや通告をケアできる。

これは覚えましょう。彼岸においてガイドの展開を通すことはとても重要なことです。

 

4個目 彼岸の自壊はチェーンに乗らない。

これ勘違いしてる人凄く多いです。乗りません。

 

5個目 彼岸のss効果は手札で発動してるのでチェーンでツイツイなどすることでss効果を発動している彼岸を切れる。

G打たれた時にまぁまぁ使います。

 注意点としてはこれぐらいですかね。

 

では彼岸の展開について。

まずは初動のダンテ効果で悩まれる方が多いのではないでしょうか。

そして分からないから脳死で3枚落とし。これは止めた方がいいと思います。

彼岸はリソースが大事なのに自らそれを削ってるわけですからね。

初動のダンテの落とす枚数は0、1、3のどれかです。

展開例をまじえて解説しましょう。

構築は前回の記事の構築を想定します。 

naoki38.hatenablog.com

 

初手に グラバー、ファーファ、バルバリがあるとします。

※面倒なので誘発は考えません。

ファーファssグラバーnsダンテssダンテef1枚。

1枚落としでいいですね。

何故1枚なのか。ファーファはss効果を使っていて効果を使えませんね?

グラバーはnsなので効果を使えます。

グラバーの効果でssしたいのはスカラマリオンでエンドサーチで後続のガイドをサーチしたいです。ダンテの効果を使った後はバルバリ切ってベアトになりたい。

ベアトが場にいるので彼岸は全員自壊しますね?

この展開例では既に4枚の彼岸が効果を使用できない状況にあります

なのにデッキを掘る意味があるかどうかということです。

デッキの中で効果発動できる彼岸は4種類です。スカラはグラバーから呼びたいので実質3種類。ガトルは何を蘇生しようがベアトになりたいので蘇生先は自壊しますし、アリキーノとリビオッコは打つ意味が無いです。なのでデッキのリソースかんりとパワーカードが落ちる可能性を少しでも減らしたいので1枚で充分とゆうわけです。

 

何が言いたいかというと、初動の展開では必要最低限の落としでリソースを残して後続を握っておくこのことが大事なのです。

 

もう一つは最近流行りのハリファイバーの展開です。

手札がガイド、彼岸チューナーならOK。

ガイドじゃなくても魔サイと彼岸、彼岸チューナーでもいいです。

 

ガイドnsガイドefグラバーssダンテssラビキャンss

ダンテとラビキャンでハリファイバーss

ハリファイバーefグラバーefダンテef彼岸回収ガトルss自壊うさぎss

ガトルefダンテss彼岸切ってベアトss

 

盤面ハリファイバー、ベアト、うさぎ

 

ここから相手ターンにハリファイバーでワンダーマジシャンだして妨害①

ウサギで妨害②ベアト効果でマサイを落としてリビオッコ落とす。

リビオッコでグラバーssマジシャンとグラバーでΩss

Ω効果で妨害③グラバー効果でファーファかスカラで妨害④か後続サーチのどちらかが選べます。

 

こんな感じで今回は終わりたいと思います。この記事に書いてある展開が絶対に正しいということはありません。自分なりの展開をみつけてみてください。

ではまた。